本文へスキップ

こちらは「働く方」専門のHpです 竹谷総合法律事務所の総合HPはこちらから

ご予約・お問合せ竹谷総合法律事務所 

TEL. 03-5784-2214 メール予約 

退職勧奨とメンタルヘルス

メンタルヘルスを守る方法

  1. 退職勧奨では,メンタルヘルスを守る必要があります。

     退職勧奨された場合,精神の健康が害されてしまう労働者がいます。会社が退職させるという意思決定をした場合は,労働者が退職するまで,退職勧奨が続く可能性があります。労働者が退職勧奨を拒否した場合は,会社からの圧力も強くなる傾向があります。会社からの圧力には,パワーハラスメントに該当する場合もあります。会社の圧力の結果,労働者は,抑うつ状態,適応障害,うつ病などの精神障害になる場合があります。
                    
  2. 退職勧奨でメンタルヘルスを守る方法

    ・退職勧奨の戦略を確立すること。
      例えば,パッケージの額,退職日までの転職活動期間などの獲得目標を決定します。
    ・労働者は,退職勧奨を断る権利があることを自覚すること。退職する義務はありません。
    ・退職勧奨をする上司の発言を,毎日,ノートに記録すること。
      記録すれば,忘れないように記憶を維持する負担から免れることができます。
    ・心療内科または精神科へ行き,受診すること。
    ・退職勧奨の交渉を弁護士に一任すること。

バナースペース







竹谷総合法律事務所

〒150-0021
東京都渋谷区恵比寿西1-10-6

TEL 03-5784-2214
FAX 03-5784-2215

竹谷総合法律事務所の総合HP