本文へスキップ

こちらは「働く方」専門のHpです 竹谷総合法律事務所の総合HPはこちらから

ご予約・お問合せ竹谷総合法律事務所 

TEL. 03-5784-2214 メール予約 

なぜ外資系に退職勧奨が多いのか?

外資系の会社では,そもそも終身雇用という発想がありません

 外資系の会社では,そもそも終身雇用という発想がありませんし,必要な人材はいつでも外部からヘッド・ハンティングすれば足りると考えています。その結果,外資系の会社では,ボスが気に入らない部下に対し,退職勧奨をすることが日常茶飯です。

 しかし,退職勧奨されたら,チャンスであると考えて下さい。退職勧奨は,退職に応じることと引き換えに,パッケージ(年俸の1年〜2年分)を受け取り,かつ,転職先で飛躍できるというチャンスです。
退職勧奨されて,ストレスを感じて落ち込み,泣き寝入りするのは,日本人的感性です。退職勧奨は,チャンスであると考えるのが外資系で強かに生きていく者の発想です。外資系の会社で勝負する以上,日本人的感性は捨てなければなりません。

 外資系の会社では,代理人(attorney at law)による交渉で,パッケージを最大化することは当然の文化です。郷に入っては郷に従え(When in Rome,do as the Romans do.)ですから,外資系の文化に適応し,できる限り有利なパッケージを獲得するために,堂々と代理人交渉をするべきです。

バナースペース







竹谷総合法律事務所

〒150-0021
東京都渋谷区恵比寿西1-10-6
恵比寿ツインズ401

TEL 03-5784-2214
FAX 03-5784-2215

竹谷総合法律事務所の総合HP