本文へスキップ

こちらは「働く方」専門のHpです 竹谷総合法律事務所の総合HPはこちらから

ご予約・お問合せ竹谷総合法律事務所 

TEL. 03-5784-2214 メール予約 

退職勧奨の兆候

退職勧奨の兆候が見られた場合には,対策を!

 退職勧奨をされてから,驚く人がいます。
 しかし,退職勧奨の兆候に気づかなかっただけである可能性があります。

 

退職勧奨の兆候である可能性がある状況

 以下の状況は,退職勧奨の兆候である可能性があります。

@ 上司の表情,態度に,親愛の情,信頼感,感謝の気持ちが見られなくなった。

A パフォーマンスに文句を言うようになった。

B 過大な仕事を命令するようになった。

C 些末な仕事を命令するようになった。

D 重要な仕事が自分に与えられなくなった。

E 無視するようになった。

F 他の従業員を重要視するようになった。

G 評価書に低い評価をつけるようになった。

 

対 策

 退職勧奨の兆候が見られた場合には,以下の準備をお勧めします。

@ 専用ノートを用意し,上司に問題発言があった場合には,
  ノートにボールペンで,日時,内容を具体的・詳細に記録し,証拠化する。

A 自分の出社時刻,退社時刻を記録する(残業代請求をするための証拠を作る)。

B 就業規則を熟読して,就業規則違反を犯さないように気をつける。

※ 対策@と対策Aは,パッケージの交渉を有利に進めるための材料になります。
※ 対策Bは,パッケージの交渉で不利にならないようにするためです。


バナースペース







竹谷総合法律事務所

〒150-0021
東京都渋谷区恵比寿西1-10-6

TEL 03-5784-2214
FAX 03-5784-2215

竹谷総合法律事務所の総合HP