本文へスキップ

こちらは「働く方」専門のHpです 竹谷総合法律事務所の総合HPはこちらから

ご予約・お問合せ竹谷総合法律事務所 

TEL. 03-5784-2214 メール予約 

残業代のQ&A

よくあるご質問にお答えします

  • 残業代Q1 残業代とは何ですか

@所定労働時間を超えて働いた場合とA法定労働時間を超えて働いた場合に,使用者が支払うべき余分に働いた分の賃金のことです。

  • 残業代Q2 所定労働時間とは何ですか。

雇用契約や就業規則で決められている始業時刻から終業時刻までの時間から休憩時間を差し引いた時間です。

  • 残業代Q3 法定労働時間とは何ですか。

1日8時間,週40時間です。業種によっては,週44時間の場合もあります。

  • 残業代Q4 所定労働時間を超えているが,法定労働時間内の残業代は,いくらですか。

通常の賃金に比例した額です。

  • 残業代Q5 法定労働時間を超えている場合の残業代は,いくらですか。

25%の割増賃金です。午後10時から午前5時間までの深夜労働の場合は,さらに25%の割増賃金です。
会社の規模によっては,月60時間を超える時間外労働の場合は,月60時間を超える部分は,50%の割増賃金となります。

  • 残業代Q6 法定休日に働いた場合の割増賃金は,いくらですか。

35%の割増賃金です。 
  

  • 残業代Q7 法定休日とは何ですか。

法定休日は,週1回の休日ですが,会社によって,4週間のうちの4日間を法定休日とすることもあります。

  • 残業代Q8 割増賃金の計算は,どうするのですか。

月給制の場合は,月給÷1ヶ月の所定労働時間数×(1+割増率)が割増賃金の単価になります。その割増賃金の単価に時間外労働時間数をかけると割増賃金の総額が計算できます。

  • Q9 割増賃金の計算の基礎となる月給とは何ですか。

基本給と諸手当の合計額ですが,例外として,@家族手当,A通勤手当,B別居手当,C子女教育手当,D住宅手当,E臨時に支払われた賃金,F1ヶ月を超える期間ごとに支払われる賃金は,除外されます。

  • Q10 サービス残業の場合は,割増賃金は請求できないのですか。

会社が残業することを黙認していた場合には,割増賃金を請求することができます。

  • Q11 会社と残業代はないという約束をしていた場合は,割増賃金を請求できないのですか。

割増賃金を請求できます。割増賃金は支払わないという約束は無効です。

  • Q12 給与明細書に,時間外手当と記載がある場合は,割増賃金を請求することができないのですか。

固定残業代の定めが有効でない場合や固定残業代で不足する場合は,割増賃金を請求することができます。
固定残業代の定めが有効であるためには,通常の賃金と割増賃金に相当する分が金額によって明確に区分されていること,固定残業代の定めが就業規則等に明示されていること等が必要です。 

  • Q13 管理職の場合は,割増賃金を請求することができないのですか。

労働基準法41条2号の管理監督者にあたる場合は,深夜労働以外の割増賃金は請求できません。
しかし,会社の管理職と労働基準法41条2号の管理監督者は別のものです。会社の管理職であっても,労働基準法41条2号の管理監督者でなければ,割増賃金を請求することができます。
 

  • Q14 労働基準法41条2号の管理監督者とは何ですか。

@経営者と一体的な立場にあること,A出勤や退勤について,自由があること,B地位にふさわしい給与が支払われていること,の3つの条件を充たす労働者です。 

  • Q15 年俸制では,割増賃金は請求できないですか。

残業代について定めていない年俸制の場合は,割増賃金を請求することができます。
 

  • Q16 残業代の請求は,何年で時効消滅しますか。

2年間で時効消滅します。

  • Q17 消滅時効を中断するには,どうしたらいいですか。

残業代請求の通知書を内容証明郵便・配達証明付で送付します。な内容証明郵便で通知書を送れば,その後,6カ月間,時効が完成しませんので,その間に,労働審判申立または訴訟をすればよいです。

  • Q18 残業代を請求するには,どうしたら,よいですか。

弁護士に依頼して,内容証明郵便を送り,交渉をしてもらい,交渉で解決できない場合は,労働審判申立をするのがよいです。
弁護士に依頼すれば,時効を中断でき,会社も真剣に対応し,早期解決が予想されます。

 


バナースペース







竹谷総合法律事務所

〒150-0021
東京都渋谷区恵比寿西1-10-6

TEL 03-5784-2214
FAX 03-5784-2215

竹谷総合法律事務所の総合HP