本文へスキップ

こちらは,「借金問題」専門のHPです 竹谷総合法律事務所の総合HPはこちら

ご予約・お問合せ  TEL 03−5784−2214 メール予約

債務整理をするタイミング

返済を続けても,3年間で完済できない見込の人など

 債務整理には、任意整理、民事再生手続、自己破産の3つがあります。

 任意整理をすると、取引期間が長い場合、利息制限法で計算して元金が大幅に減り、将来の利息の発生もなくなります。民事再生手続をすれば、原則的に、債務が5分の1または100万円に減ります。自己破産をして免責をもらえば、債務がゼロになります。しかし、債務整理をすると、いわゆるブラックリスト(信用情報機関の信用情報)に載り、少なくとも5年間、借入れやクレジットカードの使用ができなくなります。それで、ブラックリストに載るのを嫌がって、弁護士に債務整理を依頼する決断ができない人がいます。

 確かに、一切、借金しないで、返済を続け、借入残高が毎月減少し、3年間で完済できる見込みの人は、債務整理をしないという選択もあります。しかし、一切、借金しないで、返済を続けても、3年間で完済できない見込みの人は、債務整理をするべきです。特に、新たに借金をして、現在の借金の返済にあてる状態(支払不能の状態)の人は、直ちに、債務整理をするべきです。新たに借金をして、現在の借金の返済にあてるということは、全体的にみれば、債務残高を増やすことにつながります。人生には、いろいろな予定外の出費があり、いつ、リストラにあったり、病気になったりするか、わかりません。いつまでも仕事ができるとは限りません。早く、債務整理をして、貯金をする生活に切り替えるべきです。貯金をして、結婚資金、子供の教育費、老後の生活などに備えるべきです。債務整理をすることは、人生設計(ライフ・プラン)を立てることです。金融機関のために、頑張って高い利息を払うよりも、自分のために貯金をする方が賢明です。

 当事務所では、お客様ひとりひとりの人生設計を考えた上で、債務整理という選択肢のご提案を行っています。
 竹谷弁護士はお客様にあった人生設計を考えるために有用な2級ファイナンシャル・プランニング技能士の資格を2007年に取得しました。よりよいサービスを行うため、より一層の努力をいたします。

バナー

 自己破産
(個人の方)
破産申立から免責まで債権者数にかかわりなく 
180,000円+消費税
 管財事件
(すべての法人・財産のある方)
破産申立から免責まで債権者数にかかわりなく 
270,000円+消費税
 個人再生
破産申立から免責まで債権者数にかかわりなく 
(住宅ローン特約なし)
370,000円+消費税
 個人再生
破産申立から免責まで債権者数にかかわりなく 
(住宅ローン特約あり)
460,000円+消費税
 任意整理
1社あたり 
 40,000円+消費税
 過払金請求
1社あたり 
 40,000円+消費税

竹谷総合法律事務所

〒150-0021 
東京都渋谷区恵比寿西1-10-6
恵比寿ツインズ401

TEL 03-5784-2214
竹谷総合法律事務所の総合HP